Event is FINISHED

未来型の組織と人材をどう創るか ~google, ハーバードにおける次世代リーダーづくり

Description

【google, ハーバードでは、世界水準のリーダーをどう育成しているのか】


グローバル化、ITの急激な進化、産業構造の転換など、企業経営を取り巻く環境の激変により、組織や人材開発のあり方も、変革を迫られつつあります。

ハーバードデザイン大学院の最先端手法を取り入れた事業プロデュース人材育成プログラム「みらいブレンディピティ」は、Googleのアジア・パシフィックの人材開発責任者等を務めHRプロフェッショナルのピョートル・フェリクス・グジバチ氏をお迎えし、「未来型組織」「課題発見型人材の育成」について、最新の知見や事例のセミナーを開催致します。

<スピーカー>

  • ピョートル・フェリクス・グジバチ氏(Pronoia Group, CEO)
  • 各務太郎氏(デザイナー、WASEDA NEO講師)

◆当セミナーが対象とする方

  • 企業の人事や人材開発の責任者や戦略立案に携わる方

◆当セミナーでお話する内容

  • 事業創造に必要な「課題発見型人材」育成のあり方
  • 「未来型組織」を作るEX(エンプロイーエクスペリエンス)の考え方

「未来型の組織と人材をどう創るか」
~google, ハーバードにおける次世代リーダーづくり

10:00-10:05 ご挨拶
10:05-10:45 「未来型の組織をつくるEX(エンプロイーエクスペリエンス)という考え方」(ピョートル氏)
==休憩 10分==
11:55-11:25 「イノベーションに必要な“問題提起型”デザインの考え方とトレーニング」(各務氏)
11:25-12:00 対談「未来型組織・リーダーをどう作るべきか」
12:00-13:00 ネットワーキング(軽食をご提供します)

◆スピーカー

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏
Pronoia Group, Chief Executive Officer
グーグル(現Alphabet社)やモルガン・スタンレー等にて、長年、人材開発やリーダーシップに携わってきたHRプロフェッショナル。国内外さまざまな企業の戦略、イノベーション、管理職育成、組織開発のコンサルティングを行う国内外の多国籍なメンバーやパートナーとともにグローバルなサービスを展開している。「0秒リーダーシップ」と「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法」著者

各務太郎氏
デザイナー/コピーライター/建築家、WASEDA NEO講師
早稲田大学理工学部建築学科卒業後、電通入社。コピーライター/CMプランナーとして数々のCM企画を担当。電通を退職後、2017年ハーバード大学デザイン大学院修了。
東京コピーライターズクラブ主催C-1 GRANDPRIX グランプリ。第30回読売広告大賞最優秀賞。第4回大東建託主催賃貸住宅コンペ受賞。他多数。
WASEDA NEOでは、ハーバードデザインスクール流の最先端デザイン手法を取り入れた事業プロデュース実践プログラム「みらいブレンディピティ」のコーディネーターを担当。


------

「みらいブレンディピティ」について
本年開校した早稲田大学の教育事業WASEDA NEOで2018年1月に開講する、最先端のSpeculative Designの考え方を取り入れた事業プロデュース実践プログラム。
受講者はプロジェクトチームを組み、実在の企業から提示される事業テーマに対し、自分達で課題を設定して、そのソリューションをテーマ提供企業の経営者に提案します。2017年1月からの第1期では、日本酒の特定銘柄のリブランディングというテーマで、プロモーション戦略立案と、デザイン戦略の2つのコースで、具体的なプロトタイプを作成します。

Thu Dec 14, 2017
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加申込(3,000円当日現地払) FULL
Venue Address
東京都中央区日本橋1-4-1 COREDO日本橋5階 Japan
Directions
東京メトロ 日本橋駅 直結
Organizer
conecuri 〜 価値ある学びと交わりの場
2,214 Followers

[PR] Recommended information